odekoのいまさら!?

アクセスカウンタ

zoom RSS Hedgehog Diaries 紹介曲 2017.3月3週目分

<<   作成日時 : 2017/03/27 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

MONOEYESのHPより、2017年6月11日(日)に岩手県宮古市の田老野球場で
POWER STOCK IN MIYAKO』が開催される予定のようで(≧∀≦)
ブラフマンも登場すると言うありがたすぎるイベント(T▽T)

近くないけど、行けない距離ではない!!問題はチケット獲得と休みがとれるか!!?(ー□ー;)
うん!!odekoがんばる!!(>s<)


今回紹介された曲達ですが、まずは

@アーティスト名『Sundara Karma(サンドラ・カルマ)』
・曲名『 Flame(フレーム)』
・収録アルバム『Youth Is Only Ever Fun in Retr(ユース・イズ・オンリー・エヴァー・ファン・イン・レタ)』の5曲目に収録されていました!
Youth Is Only Ever Fun in Retr
Imports
2017-01-06
Sundara Karma

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Youth Is Only Ever Fun in Retr の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

odekoが好きな感じのジャケ(>▽<)


とにかくかっけぇー曲だぁ!!(>▽<)

disk Unionの紹介ぺージより
UKから4ピース・バンド、“サンドラ・カルマ”デビュー!イギリスのレディング出身、オスカー(Vo & G)、ヘイデン(Dr)、ドム(B)、アリー(G)による4ピース・バンド“サンドラ・カルマ”のデビュー・アルバム。4人の出会いは中学生時代にさかのぼり、メンバーそれぞれが14歳の時に結成された。結成当時はアークティック・モンキーズのカバーに夢中になったが、次第にスタジアム・ロックのような壮大なアンセムを志すようになり、オリジナルに取り組むようになった。メンバーそれぞれが様々な仕事をしていたものの、2015年頃から「今、見るべきバンド」として注目されるようになり、全員が20歳を迎えた2017年についにデビュー・アルバムをリリースする。ドリーミーでサイケなガレージっぽさもありながら、キャッチーでアンセミックなメロディにバンドの個性が光る。ザ・ヴァクシーンズ、ザ・キラーズなどお好きな方にオススメ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
次に『結構、スクエア・プッシャー好きの間で話題になっていたので買ってきました!!ベースがうまいのは当たり前だけど、やっぱりうまいねぇ!!!』と絶賛されていました

A『SHOBALEADER ONE(ショバリーダー・ワン)』
・曲名『E8 Boogie(イー・エイト・ブギー)』
・収録アルバム『Elektrac(エレクトラック)』のDISC、2枚目の1曲目に収録されていました!


E8 BoogieのMVが無かったので、ここではノリノリの↓
Journey to Reedham

まぁーおもろかっこいい!!(>▽<)

商品の説明
昨年末にワールドツアーが発表され、アルバムの存在をほのめかすトレーラー映像とともに、本格始動が明らかになったショバリーダー・ワン。 驚くなかれ、その正体はジャコ・パストリアス直系のバカテク・ベーシストでもあるスクエアプッシャー率いる超絶技巧バンドである。 SQUAREPUSHER(ベース)、ARG NUTION(ギター)、STROBE NAZARD(キーボード)、COMPANY LASER(ドラム)の覆面の凄腕ミュージシャン4人で構成された彼らのデビュー・アルバム『Elektrac』は、スクエアプッシャーの数々の名曲たちに生演奏の迫力を加えた刺激的な内容。スクエアプッシャーの初期作品を中心に、11作の名盤に収録されたジャズ~フュージョン~ドラムンベース~エレクトロニカを横断する超刺激的な “グレイテスト・ヒッツ" は全ての音楽ファン必聴!

■ アマゾン限定先着特典 :ロゴ・ステッカー(100x42mm)付き。(無くなり次第終了致します)
-----------------------------------------------------------------------------------------------
そしてtheHIATUSから

B『Let Me Fall』でしたがMVが無いので
ここでは『Bonfire』を


-----------------------------------------------------------------------------------------------
んで、本編のエンディングでは

C『The Shins(ザ・シンズ)』
・曲名『Name For You(ネーム・フォー・ユー)』
・収録アルバム『Heartworms(ハートウォームス)』の1曲目に収録されていました!
Heartworms
Sony
2017-03-10
Shins

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Heartworms の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



明るい曲だわぁ〜(^^)歌詞も明るい!?

Wikiより
ザ・シンズ(The Shins)はアメリカ合衆国ニューメキシコ州アルバカーキ出身のロック・バンド。透明で、郷愁を想い起こさせるボーカルの声と、複雑に変遷する流麗な旋律、深い楽典素養から引き出される音の無常さを有し、インディーズレーベル所属のロックバンドでありながら、米国、カナダ、英国、豪州など各国で異例の評価を得ている。 代表曲に映画"ガーデン・ステート"でも取り上げられた"New Slang"や"So Says I"、"Phantom Limb"などがある。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
トークから
・釜石PITでのLOW−ATUSでの『アンパンマン』(^^;)その場で聞きたかった。
89年レスポールは作曲用で今も使用!!!!!MONOEYESの『A Mirage In The Sun』のデモを119曲作った中で、100曲くらいは89年レスポールで作った!!(>▽<)裏にはアティカス(相変わらずって言ったのかな?)ステッカーを貼っている!EASY GRIPじゃない!?
※今の使用レスポールは、57年ヒストリックコレクションリスナーさん詳しいくてかっけぇー!(>▽<)

Toshi−Lowさんの『満月の夕




にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Hedgehog Diaries 紹介曲 2017.3月3週目分 odekoのいまさら!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる